ガッキー似美人教師さゆり(38):タイミング

何事においても、タイミングというものはとても大事だ。

さゆりさんと疎遠になってから半年近く経った、3月のとある日。

僕は何を思ったか、ひさしぶりにさゆりさんにメールを送った。


ひろし「超ひさしぶり(笑)元気にしてる?オレは転職することになったよ。」

さゆりさん「ご無沙汰しています!実は私も学校変わることになって、バタバタしています。」


僕が転職することになったのは本当だ。色々あって、仕事を変えることなった。(あまりポジティブな理由ではない。)
そして偶然にも、さゆりさんも学校を異動することになったようだ。

状況が似ていたためか、ひさしぶりのメールにも関わらず、さゆりさんのメールのノリが良い気がする。
僕はこのチャンスに乗じて、デートに誘った。


ひろし「せっかくだから、ひさしぶりにご飯行こうよ。色々情報交換しよう。」
(情報交換って何だよ。)

さゆりさん「そうですね!ひさしぶりに行きましょう。」


何と、トントン拍子に交渉は成立!
いやはや、本当にタイミングが良かったとしか思えない。

ちなみにこのとき僕は、有給消化期間で、平日も土日も関係ない生活を送っていた。


ひろし「さゆりさんは、土日の方が都合良いよね?」

さゆりさん「そうですね、土日の方が予定立てやすいです。」

ひろし「じゃあ、12日(土)はどう?」

さゆりさん「次の日朝早いんですが、あまり遅くならなければ大丈夫です!」


久々のデートは、3月12日(土)に決定した。

最高だ。仕事を辞めて本当に良かった。

さゆりさんと会ったら、この半年間の空白を埋めるため、色んな話をしよう。
そして、去年のことは一旦リセットして、今年もう一度やり直そう。
何とかさゆりさんと付き合おう。

僕は希望に満ち溢れていた。

その先に、まさかあんな地獄が待ち受けているとは、そのときの僕には知る由もなかった。


—————-
▼さゆりさん編第一話
ガッキー似美人教師さゆり(1):合同コンパ
▼さゆりさん編だけを絞り込む
「さゆり」タグ

スポンサーリンク

クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 恋愛ブログ 30代男性 婚活・結婚活動(本人)へ